3つの掛け算で圧倒的オンリーワンを築いて上級フリーランスに

マーケティング

3つを掛け合わせる

フリーランスは実力の世界なので、生き残っていくためには、あなたにしかできないことがあると有利です。

他の人が簡単に参入できるようであれば、激しい競争が始まり、レッドオーシャンになってしまいます。

僕が伝えてるのはフリーランスこそ、オンリーワンになる必要があるということです。

 

今でこそ藤原和博さんが唱えた希少な人材になるための「3つのキャリアの掛け算」はたくさんの人に知られるようになりましたが、 大学生の時に×3のアイデアを思いつく機会がありました。

 

僕が大学生でビジネスについて勉強していた時、

ビジネスをするのであれば、マーケティングについて学ぶことは欠かせないということを情報収集をしていて知ったのですが、その当時は比較的まだ、マーケティングの重要性をそこまで理解されていませんでした。

そこで、これはチャンスだと思い、本でマーケティングの勉強と実践を繰り返して身につけていきました。

マーケティングでも学んだ差別化について、いざ差別化しようとしたときに、珍しいマーケティングとテニスが得意でした。

これを組み合わせようと思ったのですが、ビジネスを勉強しているモデリング先(真似する人)も、またマーケティングとテニスと同じジャンルが得意で、そのモデリング先の人は僕のはるか上をいっていて

この人には勝てないな

というふうになったのです。

モデリングは守破離でいう守ですが、その先をいくイメージができなかったのです。

 

そこで考えたのが3つのことを掛け算すれば、誰にでも勝てるオンリーワンになれるんじゃないかということです

マーケティング×テニス×オリジナルで編み出した情報収集術

そのときはこの3つを掛け合わせて

 

テニスコーチ

情報収集術トレーナー

マーケター

 

として仕事をしていました。

 

需要と情熱と得意の最大公約数が天職!?

天職として一番取り組むと良いことは需要と情熱と得意の最大公約数だと言われています。やりたいこと、人の役に立つこと、得意なことの3つのベン図が有名です。

ただ、僕が提唱しているのは、最大公約数ではなく×3です。

最大公約数だとそれぞれ3つの 共通している部分を見つけるわけですが、極端に言ってしまうと、妥協ポイントを探すことに近くて、それだとポテンシャルを最大限に発揮できないんですね

それよりも掛け算で作った方がポテンシャルとしても天職に近いものになります。

 

スモールビジネスを3つ持つこと

ビジネス初心者は 1回目からそのビジネスを当てようとするのですが、ほとんどの場合は難しいです

野球でも打率が3割で一流と言われてるように、ビジネスもそんな簡単にヒットするわけではありません

なので時間が許す限りは、最低3つのスモールビジネスを持つことをオススメしています

需要×情熱×得意でベスト3をスモールビジネスにします。

スモールビジネスの作り方の記事はこちら。
好きなことを仕事にするスモールビジネスの作り方

 

スモールビジネスを3つ持つことで、良いところ悪いところを比較することができて、それぞれのビジネスにもシナジー効果を起こすことができます

実際に僕の場合は

情報収集術、マーケティング、スモールビジネスの作り方

とジャンルは似てますが、 それぞれターゲットが違うので、どのビジネスが受けやすいのかが分かるようになりました

面白いことにどこでサービスを提供するかで、また反応が変わってくるのです。

 

スキルシェアNo1のココナラで出すのと、アメリカ発の動画教育サービスUdemyで出品するのとでは売れるサービスに違いがあります。

時代性も関係してきます。

今はこのサービスが流行っているけど、2年経つとそのサービスは流行らなくなる

そのビジネスがヒットするかどうかは色々な要素が絡まっているので、簡単にどのビジネスがヒットするのかというのを見つけるのはとても難しいのです。

まずは小さなプロジェクトでもいいので、3つのジャンルでスモールビジネスを作ってみてください。

そこからが本当の始まりといってもいいです。

 

余談ですが、1つのサービスに注力する起業家だと、たまたまヒットした可能性も高いので、起業のコンサルをしてる起業家には注意してください。

スポーツでいうとコーチではなく、プレーヤーに教わってるようなものでコンサルを受けるのであれば、コンサルをしてる人から受けた方が良いです。

起業家はプロダクトを磨いていて、コンサルは教える能力を常に磨いているからです。

教わるのであれば、教える能力を磨いているコンサルからの方がいいですよね。

3つ作ったらどれを1番メインにするのかを決める

1つをメインのビジネスにして、もう2つはサブビジネスという形にするのが理想です。

たくさん手を出しすぎると、何をしている人なのか分からなくなるので、1つ必ずメインを作ってください

そして残り2つのビジネスを掛け合わせることで、オンリーワンになっていくのです

僕の場合はニッチなジャンルだったので、3つのビジネスを並行してやっていましたが、最終的には、情報収集術だけでもオンリーワンになることができました

情報収集術とマーケティングのジャンルで実際に販売してみて、情報収集術の方が将来性があると考えて、情報収集術をメインにするように舵をきりました。

これも比較対象があったからです。

 

選んだジャンルが似てしまうと他の人が提供しているサービスとの差別化が難しくなるので、そのときは3つを選びましょう

最初にあげた

マーケティング×テニス×情報収集術

マーケティング×コピーライティング×情報収集術

といった感じですね。

マーケティング、テニスは似ていないのですが、当時はたまたまモデリング先の人と、かぶってしまったので、情報収集術も加えたのは先ほど言ったとおりで、情報収集術を武器にマーケティング、テニスといった要素も加えた自分のオンリーワンを作ることもできました。

3つのスモールビジネスを作ることで、メインを1つ決めることに変わりはないですが、その先は3つをかけ合わせたビジネスを作るか、あるいは3つのスモールビジネスの反応を見ながら1つに絞っていくかは競合や参入するジャンルによります。

 

自分に提供できることを書き出し、需要・情熱・得意の3つの掛け算をして、その中から3つのスモールビジネスを持ち、比較しながらそれぞれのスモールビジネスを進め、最終的に1つに絞れば誰にも真似されない圧倒的オンリーワンになることができます。

そうすると、

あなたにしかできないこと

と依頼が来るようになり、フリーランス1本で食べていける上級フリーランスになることができます。

 

僕の場合であれば、

長く働くことができない体のハンディキャップがありながらも

毎日4時間だけ、好きなときに、好きな場所で、好きな人と、好きなことを仕事にする「好き4」というライフスタイルを編み出し、このライフスタイルを実現するためのサービスを開発したことで、

同じように長く働けない、体にハンディキャップがあるといった方に、

お金を稼ぐことを教えるコンサルやサービスが乱立する中で、長く働けない「時間の事情」を考慮したこんなサービスをずっと探してたんです

と依頼が来るようになりました。

 

似たようなサービスや商品が星の数ほどある中で、何が他と違うのか

これをすぐに答えられるようにする必要があります。

ぜひやってみてください。

3つの掛け算ができたら、そのコンテンツを効果的に伝えるコピーライティングを磨いていきましょう。コンテンツと伝え方というのは車の両輪でどちらが欠けても、動きません。

コピーライティングの基礎【1日4時間で月100万稼ぐ始めの一歩】
売上をアップさせたいけど、なにをすればいいのかわからない 良い商品はあるのに、上手く伝えられていないように感じてる 商品は作ったけどなかなか思ったように売れない 好きなことを仕事にして食べていきたい そんな人...

 

タイトルとURLをコピーしました