世界のどこでも暮らせるフリーランス養成講座

圧倒的オンリーワンで上級フリーランスになる方法

3つを掛け合わせる

今でこそ藤原和博さんが唱えた希少な人材になるための「3つのキャリアの掛け算」はたくさんの人に知られるようになりましたが、 僕は大学生の時に×3のアイデアを思いつきました。

 

僕が大学生でビジネスについて勉強していた時、

ビジネスをするのであればマーケティングについて学ぶことは欠かせないということをたまたま知ったのですが、

比較的、珍しいマーケティングとテニスが得意で、ビジネスを勉強するモデリング先(真似する人)もまた同じジャンルが得意で、その人は僕のはるか上をいっていて

この人には勝てないな

というふうになったのです

モデリングは守破離でいう守ですが、その先をいくイメージができなかったのです。

そこで僕が考えたのが3つのことを掛け算すれば、誰にでも勝てるオンリーワンになれるんじゃないかと思ったのです

マーケティング×テニス×オリジナルで編み出した情報収集術

そのときはこの3つを掛け合わせて

 

テニスコーチ

情報収集術トレーナー

マーケター

 

としての仕事をしていました。

 

需要と情熱と得意の最大公約数が天職!?

天職として一番取り組むと良いことは需要と情熱と得意の最大公約数だと言われていますが、(やりたいこと、人の役に立つこと、得意なことの3つのベン図が有名)僕が提唱しているのは、最大公約数ではなく×3です

最大公約数だとそれぞれ3つの 共通している部分を見つけるわけですが、極端に言ってしまうと、妥協ポイントを探すことに近くて、それだとポテンシャルを最大限に発揮できないんですね

それよりも掛け算で作った方がポテンシャルとしても天職に近いものになります。

 

スモールビジネスを3つ持つこと

ビジネス初心者は 1回目からそのビジネスを当てようとするのですが、ほとんどの場合は難しいです

野球でも打率が3割で一流と言われてるように、ビジネスもそんな簡単にヒットするわけではありません

なので時間が許す限りは、最低3つのスモールビジネスを持つことをオススメしています

需要×情熱×得意でベスト3をスモールビジネスにします。

スモールビジネスの作り方の記事はこちら。
好きなことを仕事にするスモールビジネスの作り方

 

スモールビジネスを3つ持つことで、良いところ悪いところを比較することができて、それぞれのビジネスにもシナジー効果を起こすことができます

実際に僕の場合は

情報収集術、マーケティング、スモールビジネスの作り方

とジャンルは似てますが、 それぞれターゲットが違うので、どのビジネスが受けやすいのかが分かるようになりました

面白いことにどこでサービスを提供するかで、また反応が変わってくるのです

スキルシェアNo1のココナラで出すのと、アメリカ発の動画教育サービスUdemyで出品するのとでは売れるサービスに違いがあります。

他に時代性も関係してきます。

今はこのサービスが流行っているけど、2年経つとそのサービスは流行らなくなる

このように、そのビジネスがヒットするかどうかは色々な要素が絡まっているので、簡単にどのビジネスがヒットするのかというのを見つけるのはとても難しいのです

まずは小さなプロジェクトでもいいので、3つのジャンルでスモールビジネスを作ってみてください

そこからが本当の始まりといってもいいです

余談ですが、1つのサービスに注力する起業家だと、たまたまヒットした可能性も高いので、

起業家が起業のコンサルをしてる人には注意してください

スポーツでいうとコーチではなく、プレーヤーに教わってるようなもので

コンサルを受けるのであれば、コンサルをしてる人から受けた方が良いです。

起業家はプロダクトを磨いていて、コンサルは教える能力を常に磨いているからです。

 

3つ作ったらどれを1番メインにするのかを決める

1つをメインのビジネスにして、もう2つはサブビジネスという形にするのが理想です。

たくさん手を出しすぎると、何をしている人なのか分からなくなるので、1つ必ずメインを作ってください

そして残り2つのビジネスを掛け合わせることで、オンリーワンになっていくのです

僕の場合はニッチなジャンルだったので、3つのビジネスを並行してやっていましたが、最終的には、情報収集術だけでもオンリーワンになることができました

情報収集術とマーケティングのジャンルで実際に販売してみて、情報収集術の方が将来性があると考えて、情報収集術をメインにするように舵をきりました。これも比較対象があったからです。

選んだジャンルが似てしまうと他の人が提供しているサービスとの差別化が難しくなるので、そのときは3つを選びましょう

最初にあげた

マーケティング×テニス×情報収集術

マーケティング×コピーライティング×情報収集術

といった感じですね。

マーケティング、テニスは似ていないのですが、当時はたまたまモデリング先の人とかぶってしまったので、情報収集術も加えたのは最初に言ったとおりで、情報収集術を武器にマーケティング、テニスといった要素も加えた自分のオンリーワンを作ることもできました。

3つのスモールビジネスを作ることで、メインを1つ決めることに変わりはないですが、その先は3つをかけ合わせたビジネスを作るか、あるいは3つのスモールビジネスの反応を見ながら1つに絞っていくかは競合や参入するジャンルによります。

 

自分に提供できることを書き出し、需要・情熱・得意の3つの掛け算をして、その中から3つのスモールビジネスを持ち、比較しながらそれぞれのスモールビジネスを進め、最終的に1つに絞れば誰にも真似されない圧倒的オンリーワンになることができます。

そうすると、

あなたにしかできないこと

と依頼が来るようになり、フリーランス1本で食べていける上級フリーランスになることができます。

 

僕の場合であれば、

長く働くことができない体のハンディキャップがありながらも

毎日4時間だけ、好きなときに、好きな場所で、好きな人と、好きなことを仕事にする「好き4」というライフスタイルを編み出し、このライフスタイルを実現するためのサービスを開発したことで、

同じように長く働けない、体にハンディキャップがあるといった方に、

お金を稼ぐことを教えるコンサルやサービスが乱立する中で、長く働けない「時間の事情」を考慮したこんなサービスをずっと探してたんです

と依頼が来るようになりました。

 

似たようなものが星の数ほどある中で、何が他と違うのか

これをすぐに答えられるようにする必要があります。

ぜひやってみてください。

関連記事

運営者情報


名前:井元 龍太郎
情報収集術トレーナー/フリーランス養成コーチ
大阪出身、早稲田大学院卒、イギリス(レスター)在住。

難病指定の全身性血管炎「ベーチェット病」持ちで疲れやストレスが最大の敵のため、自由に働けるフリーランスになり、キャリアは東京→地方(福井県鯖江市)→海外(イギリスのレスター)で、それぞれフリーランスを経験してきました。

情報収集を武器にして、毎日4時間だけ、好きなときに好きな場所で、好きな人と好きなことを仕事にして、自分も周りも幸せになる「好き4」と独自に名付けた理想のライフスタイルを叶えたことで、今は世界のどこでも暮らせるフリーランスとして活動しています。

 

2014年11月、体調不良で右目の視界がかすむようになってから1週間も経たないうちに右目が見えなくなり、本格的な検査をしたところ、ベーチェット病と診断されました。

ベーチェット病とは原因不明、慢性再発性の全身性血管炎で、様々な部位の血管に炎症が生じる難病です。

人によって症状は違うのですが、僕の場合は小さい頃に右耳が難聴になり、10代で原因不明の入院と無菌性髄膜炎による入院、20代半ばで右目が見えなくなりました。不定期で1ヶ月ほどずっと高熱が続くこともあります。2019年11月になってから正常な左目も見えなくなる一歩手前までいきましたが、早急な対処でなんとか回復しました。

 

小さい頃から片耳難聴で聞こえない・病弱だからこそ身についた『傾聴力』を活かした少人数制や1:1のレッスンが得意です。

これまでマンツーマンで1000名以上に提供し、2019年夏には業界初となる1週間のフリーランス養成合宿inイギリスを開催しました。2020年の開催場所リクエストを募集中です。

 

頂いたお金の10倍の価値を提供/お金より満足度/No1よりOnly1/テニス大好き

運営者の詳しいプロフィール【更新日.2019.09.01】

【テレビ出演】世界のどこでも暮らせるフリーランス

お問い合わせ

お問い合わせはこちらのフォームにてお送りください。

メルマガ登録

1000名以上にマンツーマン指導してきた情報収集術トレーナーがお送りする「ブログでは書けないここだけの話」も含めたコラムを 1週間に1度配信します。

アーカイブ