情報収集で先行者利益が得られた実例【情報感度を上げるコツも解説】

情報収集術

情報収集術を使ってお金で一番成果をあげるのは先行者利益です。

これまで先行者利益によって、数百万どころではなく、数千万レベルの得をしてきたと思います。

その一部とどんな得をしたのかをご紹介するのですが、どうやってそういった最先端の情報を手に入れるのかの解説もしていきます。

 

note

ブログの他に有料の記事も販売できるサイトです。

2019、2020年あたりにブレイクしてすでに飽和状態になってきたnoteですが、2014年にはすでにやっていたので、有料noteの競合も少なく、数十万円を稼ぎました。

 

ユーデミー(Udemy)

アメリカ発の動画販売のプラットフォームで、日本でも展開しています。

2019年あたりからUdemy社がマーケティングを強化し始めたので、伸びてきています。

こちらも5年前には初めていて、副業ジャンルで400人以上に購入していただいています。

実例から学ぶ、知識0・人脈0から月3万円ビジネスを週末10時間、計100時間で仕組み化する方法を教えます
会社ではなく個人が輝く時代。リスク0でビジネスを作ったことがない初心者でも自分のビジネスが持てる秘訣を知りたいですか?あなたしか持っていない価値を提供しよう。

 

地方移住

地方移住ブームが2017年あたりから始まりましたが、2年ほど前に参入して家賃が半年無料、あるいは滞在費が無料といった移住プロジェクトにいくつか参加して、100万円近く、得をしました。

 

イギリスの地方へ海外移住×フリーランス

フリーランスは個性が大事でオンリーワンを持つ必要がありますが、ワーホリを使ってイギリスへ移住しました。留学先やワーホリで行くようなロンドンではなくレスターという地方への移住です。

ワーホリを使ってイギリスの地方へ移住した人はほぼいないので、フリーランスとしてのブランドが上がり、それがビジネスに繋がっています。

直接的なお金が稼げたわけではないですが、数字にするとこれも数百万円単位で稼げています。

ワーホリ×フリーランスはコロナで少し影響が出てきますが、これから必ず来ます。

 

ココナラ

今や日本でNo1のスキルシェアサービスですが、ココナラができてから間もない時期に参入したおかげで、数百万円単位で稼げました。

販売ページです。

Ryutaro Imotoさん(海外フリーランス/情報収集術トレーナー)の実績/評価 | ココナラ
Ryutaro Imotoさん(海外フリーランス/情報収集術トレーナー)の実績/評価情報です。取引ごとの評価/感想を掲載しています。Ryutaro Imotoさんへ依頼の相談や見積もり確認などのやりとりもできます。

 

スキルシェアは実績を積み重ねれば積み重ねるだけ、先行者利益をゲットできる分野なので、その実績がずっと使えます。

どんな会社もグーグルに勝てないように一度、その分野で地位を築いてしまうと、ずっと続く先行者利益を得られます。

 

世界青年の船

こちらは内閣府が主催しているもので、世界中から集まった青年が豪華客船に1ヶ月乗ってリーダーシップを学べるプログラムです。200万以上かかるところを補助金が出ることで、30万円で参加できるので、170万ほどお得に参加できます。

似たような事業としてピースボードがありますが、自前で何百万円もします。

 

キリがないので、これくらいにしておきますが、他にもオンラインサロン、航空券、携帯のMNP、ふるさと納税とまだまだあります。

 

先行者利益とは言ってしまえば、みんなが知らない情報を他の人に教える情報のアービトラージのようなものです。

みんなが知らない情報を他の人に教えることができれば、それを仕事にすることもできるのです。

大事なことは2つあって、一歩先を行ってるメディアをフォローしておくことと、どんなWebサービスが出ているのかをチェックしておくことです。

一歩先を行ってる人やメディアをフォローしておく

イノベーター理論を知っていますか。どのタイミングで、最先端なテクノロジーに参入するのかということです。

5つの段階があるのですが、全体の2.5%しかおらず最も早く手を出すイノベーターの人は生涯ずっとイノベーターであることが多いです。

その人の性格とも言えるので、それが変化することがなかなかないのです。

僕はイノベーターなのですが、常に新しい商品やサービスを探しているので、そういった先行者利益もつかみやすいのです。

もし、あなたがイノベーターでなければ、この人はイノベーターだと思う人をTwitter、Facebook、あるいはブログやメルマガなどをやっていたらそれをフォローするようにしてください。起業家もイノベーターの方が多いですね。

そうすると、もしあなたが、イノベーターでなくても、最先端の情報を追いかけることができます。

 

僕のオススメの人は高城剛さんです。先を行き過ぎてて、10年以上遅れて世の中に知れ渡ったりすることも多いのですが、先行者利益という意味では知っておいて損はないです。

サイトにしても同じで、そのサイトの情報というのは、運営者の生み出したものなので、運営者の色が色濃く出ているものが多いです。

サイトのオススメはtechable(テッカブル)ですね。

Techable(テッカブル)
Techable(テッカブル)は、国内外のスタートアップ/ネットベンチャーの新サービスを中心に紹介するテック系ニュースサイトです。

人とサイト、両方をフォローすることがおすすめです。

Webサービスの最新情報をチェックする

業界の中で一番、情報が速いのがWebサービスだからです。大は小を兼ねるという意味で、業界で一番情報が速いものをチェックしておけば、その流れが他の業界にも遅れて入ってくるからです。

どんなWebサービスが流行っているのかをチェックしておけば、世の中の今の流れが読めるようになります。

オススメはService Safariです。

最新の人気Webサービス・アプリが見つかる Service Safari
Sarvice Safariは、今後注目のWebサービスや人気アプリを発見することができる場所。キュレータが選りすぐんだWebサービス・アプリ情報を、毎日メールで受け取ることができます。

情報というのは、業界によってもスピード感が変わります。

例えば、IT業界だと、情報のスピードが全業界の中でもトップクラスに速いのですが、不動産やテレビといった既得権益が強いところは、情報のスピードが遅いです。

なかなか変化しづらいからです。

最先端の技術を取り入れるのにもかなりの時間がかかりますし、IT業界で当たり前のことを他の業界に持ってくれば、一気に売り上げがアップすることもあります。

ビジネスだと、賛否両論ありますが、ネットビジネスが一番速くて、マーケティング手法も最先端なものだったりします。

 

他の業界を見てみると、ネットビジネスのマーケティング手法を使っているところはあまりないですが、数年後に、ネットビジネスでよく使われてるようなマーケティング手法が取り入れられたりすることをよく見てきました。

情報の流れる速度が業界によって違うというのは、ぜひ覚えておいてください。

先行者利益だけが情報収集術の良いところではないのですが、無視できないほどのメリットがありますよ。

もっと詳しく情報収集術を学びたい方はこちらの基礎からどうぞ。

これだけは確実におさえたい情報収集術の基礎【情報感度のレベルチェックも】
情報の質が人生の質 1000名以上にこれまでマンツーマンで情報収集術を教えてきた情報収集術トレーナーの井元です。 情報収集術トレーナーとして活動していて、よく「情報の質は人生の質」ということをお伝えしています。 情報を制するも...
タイトルとURLをコピーしました