4時間で8時間分の仕事をするにはEvernoteが欠かせません

効率化

僕のライフスタイル好き4「毎日4時間だけ、好きなときに、好きな場所で、好きな人と、好きなことを仕事にする」では、4時間の仕事を徹底しています。

どうやって4時間でこれだけの効率を生み出すことができるのかというと、まず人は同じような行動を繰り返す生き物なんです。

それと同じで仕事も8割は同じようなことをしているんですね。例えば教えることであれば8割の人が同じような悩みを抱えています。なので、この解決策を一旦作ってしまうと、ある程度のアレンジは必要ですが、ちょっとしたアレンジだけで解決することができるんです。

 

Evernoteにそのテンプレートを作ってしまえば、使い回しができて、テンプレート通りにやるだけでどんどん時短ができるようになります。積み重ねれば積み重ねるだけ、仕事の効率があがっていきます。

 

僕のEvernoteには、すでに10,000以上ものノートが溜まっています。これだけデータがあると、どんな仕事をするにしても1度はしたことがある仕事と被ります。全くゼロから新しい仕事をやり始めるのと、もう100回も200回待ってるような仕事をまたやるのとでは仕事のスピードが全く変わりますよね。

それと同じでEvernoteにこれまでの仕事記録をどんどん貯めていき、そのデータを使って時短をしています。結果的に8時間かかる仕事が4時間まで落ち着いていったのです。

 

21世紀はデータの時代と言われていますが、それはGoogleFacebookやアマゾンといった巨大企業の特権ではなく、個人でも使っていく必要があるのです。

個人でも簡単にデータを集めて貯めれる時代になりました。このデータを貯めてるかどうかと言うところが大きな分かれ目となってくるわけです。

 

データを貯めるために必要なツールがEvernoteで1番オススメです。

Evernoteを使いこなしている人と使いこなしていない人では仕事の効率が圧倒的に違います。

 

だからこそEvernoteはフリーランスに絶対欠かせない道具として必要なのです。

タイトルとURLをコピーしました