結果を出す人へ生まれ変わる自動行動システム【5年後に天と地の差】

どんどん行動していく人と、そうでない人の違いは何なのでしょうか。

どんどん行動していく人は最初からはじめの一歩も簡単にできていたと思いますか。

僕自身もそうですが、はじめの一歩は何をするにしても 躊躇してしまいます。

「あの人は行動力があるから」といった考え方ではないんですね。

具体的にどうすればいいのかと言うと、強制環境を作るということです。

強制環境というのは何かというと、他の人の力を借りること、あるいは自分が絶対にやらなきゃいけない状況を作ることで、強制的に行動するように仕向けるということです

最初は当たり前ですが何でも大変です。

ただ、自転車とおなじように一度加速してしまえばあとは楽です。

なぜそこまでつまずく人が多いのかと言うと、初心者にも関わらず一番最初にやることが最も大変だからです

やればやるだけ楽になっていくんですが、それを知らずに一番最初の難しいところだけ取り組んで、これは自分にはできないと思って挫折していく人が多すぎます。

長期視点で見るとどんどん楽になってくるので、最初だけは強制環境というものを作って乗り越えるんだと考えることがポイントです。

たとえばスモールビジネスを初めて作ることについて、大変そうだから取り組む気になれないという相談をよく受けます。そこで、取り組む意欲を持ってもらおうと、スモールビジネスを作ることのメリットを伝えました。

まず就職しようと、自分で独立してやっていこうとスモールビジネスを作れるスキルを持っているとあらゆる場所で重宝されます。

会社員としてスモールビジネスを作れる能力を持っていると言われたことだけをする従業員目線ではなく、悪いところもどんどん見つけて自分で提案して改善していく経営者目線で働くことができるからです。(もちろん従業員が全員言われたことだけをやる人というわけではなく、便宜上そう書きました。)

 

自発的に会社をもっと良くしていこうという視点で、会社に貢献することができるので、会社での立ち位置としても 重宝されます。また自分でも独立していけるということは、会社を立ち上げてNo1としてやれるところをあえて、他の会社に就職して、No2、No3としての立ち位置でやっていく、人手不足と言われている中でこれほど経営者にとってありがたいことはないです。

また会社員と独立してやっていく人の必要なスキルというのは全く違います。従業員としてだけずっとやっていると 経営者視点を身に付けることはできません。

どれぐらい違うのかと言うとスポーツで言うと、実際そのスポーツをやったことがある人と見るだけでそのスポーツをやったことがない人、それぐらいの違いがあります。

スモールビジネスを作るには最初からヒットするはずがないので時間もかかります。時間があるうちにやっておいた方が良いです。特に忙しい会社に入ったりするとスモールビジネスを作ってる体力も時間も精神的余裕もありません。

一度スモールビジネスを作って、何かコンテンツを持っておくと人生自体もとても楽しくなります。何をするにしても自分のコンテンツにもっと活かせないかといった視点も増えるようになるので、世界観の見え方も変わってきます。

これだけスモールビジネスを作るメリットを聞いても、やはりスモールビジネスを作るのは面倒くさそう。。。という方もいますが、そういった方に言いたいのはやってみないと分からないということです。もしかしたらスモールビジネスを作って、それにハマって独立してやっていこうと考えるかもしれません。

個人の時代でもあるので、これから 自分一人だけでも食べていけるスキルというのは時代の流れからしても身につけておく必要があります。

これだけメリットがあっても、やはりスモールビジネスを作るのは難しそうだったり、負担が大きそうと思うこともあると思います。

ここまでメリットを言ってもやらないということは、最初にお伝えした強制環境を使った方がいいです。人はメリットがあると行動しますが、それでも行動しない場合はつべこべ言わずに強制環境を作ることに集中しましょう。

僕自身もまだ未完成なコンテンツを他のお客さんに提供することで、もっといいものを提供しないといけないと強制環境があったおかげでここまでこれたのです、

環境は本当にバカにできません。環境があるかないかで成功するかどうかが決まると言ってもいいほどです。

環境の作り方は色々ありますが、一番簡単なのは、習い事や有料コミュニティへの参加など自分が負担になるぐらいのお金をかけてそれに取り組むということです。もしそれに取り組まない場合、自分に負担がかかるほどのお金を損しているということになるので、それだけは避けたいと思って行動するようになります。

強制環境が緩いとまたサボってしまうので、適度な強制環境を作るようにしてください。この強制環境の設定に失敗するとなかなか思ったような結果が出ません。

何度も言うようにキツイのは最初の数ヶ月です。ここを乗り越えればどんどん楽になってきます。その厳しい環境を強制環境を作ることで乗り越えていくのです。僕はこの強制環境を作ることを自動行動システムと名付けています。強制環境と聞くと敬遠する人もいるので、自動行動システムとしています。

自動行動システムを作ることで気付いたら成功している、理想のライフスタイルを叶えていた、それはまるで夢中でゲームをしてたらいつの間にか終わっていた、そんな状態に近いです。ゾーンに入るとも言います。

フリーランスとしてやっていくなら、副業としてやっていくなら、スモールビジネスを作っていくなら、まず最初にするべきことはコピーライティング、マーケティング、情報発信術、情報収集術、時間管理術、そういったスキルではなく、お金を使って自動行動システムを買うことから始めることをオススメします。

ちょっとしたお金をかけるだけだったり、自動行動システムを安易に取り入れると失敗しやすいので、注意してください。

公開日:2019-08-28 |最終更新日:2019-11-09| Posted in オリエンテーション, 時間管理術No Comments » 

関連記事

Comment





Comment